スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鎌倉駅前街宣の様子(2014年5月3日、4日)

5月3日、4日の2日に渡り、鎌倉駅前にて、街頭演説会を実施致しました。

GW(ゴールデンウィーク)中ということもあり、鎌倉駅前は例年通り、大勢の観光客で賑わっていました。

約半年振りの街頭活動になりましたが、クリーンかわさき連絡会の高橋賢一さん、鎌倉ささりん党の角田晶生さんをはじめ、告知を見ていただいた十数名の支援者の方々の協力もあり、無事終了することができました。

観光地でのこういった街頭活動は、なかなかチラシを受け取ってもらえなかったり、演説を聞いてもらえないものですが、プラカードを見て「まさに、その通りだよ」と賛同頂いたり、通行する方から「頑張れ」と励ましの言葉を頂くと、観光日和に怒られるのを覚悟で実行した甲斐があったと感じます。

一般の通行人は基本的に演説は聞きません。しかし、プラカードは否応無くチラ見します。5月3日、4日の二日に渡り、推定5~6万人の方が、写真のプラカードを目撃したことになります。

20140501

20140504

012_20140504213511137.jpg
(鎌倉ささりん党 角田晶生さん)

20140505

20140503

021.jpg

022.jpg

023.jpg

演説の内容や配布するチラシは移民反対の趣旨を増やしました。民主党に政権交代したときは、保守派が中心となって外国人参政権や、人権侵害救済法案を阻止してきましたが、今度は移民政策の脅威が迫っています。

東京都知事選挙の結果を鑑みるに、我々の世代だけで、今の戦後体勢を全て打ち壊し、日本を自立させるのは難しいと考えます。

私達の役割は、外国人参政権や移民により、日本が取り返しのつかない状態になることを防ぎ、次の世代にバトンを引き継ぐ捨て石になるだけで精一杯かも知れません。

所詮、民主主義は多数決で決まります。「XX団体のやり方が気に入らない」とか、「○○さんはエセ保守」だとか、意識の高い皆さんが、いがみ合っている時間などあるのでしょうか。何かが間違っているなら、間違っていると指摘すればいいだけの話であって、それ以前に「日教組って何?」という状態の95%の国民を同じ土俵に上げるほうが先決ではないかと思います。

いくら正論を主張しようと、我々の世代では報われないで終わるかも知れません。

しかし、日本を失わないため、国思う皆様と共に、これからも戦い続けます。
スポンサーサイト

テーマ : 日本を正常な国に戻したい - ジャンル : 政治・経済

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。